インプラント

インプラントとは

永久歯の治療には虫歯の治療、歯周病の治療、歯の神経(歯髄)の治療等がありますが、病気が進行すると、残念ながら多くの場合、最終的には歯根も含めて歯を抜くこと(抜歯)になってしまいます。この場合、歯と歯根は2度と生えてくることはありません。
また、交通事故などで永久歯の歯根が破折し失ってしまった場合も同じです。このような場合に一般的に行われている治療方法は入れ歯やブリッジと呼ばれる方法です。 これらの方法は歯根のない方法、つまり土台のない状態での治療となります。
これに対して、歯科用インプラント(Dental Implant)は天然歯の歯根に相当する部分で、この人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療法です。
つまり天然歯の構造に近似した治療法なのです。

インプラントとは

インプラントのメリット・デメリット

メリット

よく噛めるので健康や若さが保てる。

インプラントは天然歯と同じような感覚でよく噛めるので、顎や周囲の組織の形や機能を十年単位の長期にわたって変化させずに維持できます。

見た目が自然で自信の回復にもなる

バネが見えたり、口臭を気にしたり、大きく口をあけると飛び出してしまうのでは、といった入れ歯の不安感も解消します。インプラントなら自然の美しい歯並びがよみがえりますので、自信の回復にもつながります。

残った天然歯や組織を傷めない

インプラントは残った健康な歯を削ったり支えにすることがないので、周囲の歯や歯肉を傷めません。
また、歯肉組織への炎症が少ないので、天然歯よりも歯周病にかかりにくいくらいです。

耐久性があり将来の変化にも対応しやすい

インプラントは10年・20年の単位で長持ちします。
装着後、年月を経て自分の歯の数が減っても、インプラントを追加したり人工歯を追加したりの修正も容易です。もちろん、装着後の部分修理も可能です。そのためには、定期審査が重要です。

噛み心地や発音・発声が自然です。

食べ物を噛んだとき、インプラントなら骨に振動が直接伝わるので、天然歯と近似した噛み心地を感じられます。また、発音や発声にも一切の妨げがありません。

デメリット

時間がかかる

治療説明から人工歯冠の装着まで、最短で4ヶ月ほどかかります。その大半が、インプラントと骨が結合するまでの時間です。しかし、治療後の快適さを考えれば、わずかな期間です。症例によっては、時間の大幅な短縮も可能です。

手術を伴う

インプラントには手術が必要です。局所麻酔下での丁寧な治療ですから、抜歯よりも痛みは少なく、その日のうちに治まる場合がほとんどです。ただし、腫れがみられることもあります。

△ ページトップへ戻る

インプラント手術の流れ

1.診査・診断
治療はレントゲン撮影による骨量のチェックと、採血による全身状態のチェックから始まります。
この時点で、骨量の不足や全身疾患のある場合は、そちらの処置を優先します。また、インプラント治療に入る前には、むし歯や歯周病の治療なども行います。

↓

2.治療計画と治療説明
十分な診査・診断を行ったうえで、綿密な治療計画を立てて、患者さんに合わせた治療を進めていきます。治療はインプラント療法のトレーニングを受けた歯科医師が行います。歯科医師から詳細の説明を受けて、少しでも疑問があれば十分に話し合い納得されたうえで治療に入ります。
また、ご家族と相談される、あるいは、すでに治療を受けられている方々のお話をうかがうことも大切です。

↓

3.インプラント埋入
歯を失った部分にチタン製のインプラントを埋め込む手術を行います。手術は欠損歯が1本だけなら20分位、無歯顎の場合は1時間位で終了します。手術後は1時間ほど安静にしていただきますが、入院の必要はありません。

インプラント埋入
↓

4.治癒期間 骨の結合
インプラントを埋めたら上部を歯肉で覆い、骨がインプラントと結合するのを待ちます。
丈夫な骨ができるまで、下顎で約3ヶ月半、上顎で6ヶ月半ほどかかります。この間は仮の義歯を使用でき、義歯を必要な方は2〜3週間に1度、義歯が不要の方は1ヶ月に1度の診査を行います。

治癒期間 骨の結合
↓

5.人工歯冠の製作
人工歯冠を作るための型をとります。
これをもとに、歯科技工士が、患者さんの歯の形や色などを決めて天然歯と変わらない人工歯冠を製作します。

人工歯冠の製作
↓

6.人工歯冠の装着と調整
完成した人工歯冠をアバットメントに装着し固定します。その後は、口の中で細かい咬み合わせを調整します。
インプラントは天然歯のような「あそび」がないので、少しの違和感もないように細かく調整していきます。

人工歯冠の装着と調整
↓

7.メインテナンス
完成したインプラントは、最初の1年間は数ヶ月に1度ずつ、1年経過後は年に1度の定期検診を行ないます。
ブラッシングは歯科医師や歯科衛生士の指導のもとで、柔らかめの歯ブラシを使って行います。

△ ページトップへ戻る

従来の治療との違い

従来の治療法(ブリッジ) → インプラント治療
従来の治療法(ブリッジ)
両側の健康な歯を削る必要があります。
  インプラント治療
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
従来の治療法(部分入れ歯) → インプラント治療
従来の治療法(部分入れ歯)
金属の止め具などに違和感を感じ、見た目もよくありません。
かたいものが安心して食べられません。
 

インプラント治療
止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
しっかり固定されているのでかたいものを食べても安心です。

従来の治療法(総入れ歯) → インプラント治療
従来の治療法(総入れ歯)
ガタつきがあると安心して食事ができません。入れ歯がズレたり食べ物が内側に入って痛くなることがあります。
 

インプラント治療
自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。

従来の治療法(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し) → インプラント治療
従来の治療法
(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。

※総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなる事があります。
  インプラント治療
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感がもてます。

△ ページトップへ戻る