口腔外科

親知らず

親知らずには「智歯」とも呼ばれる歯で18歳頃に生えてきます。上顎、下顎の第二臼歯の後にある歯が親知らずで、一番最後に生えてきます。
多くは骨の中に埋ったままであったり、生えても前の歯にひっかかって傾いたままだったりします。つまり、正常に噛み合うことが極めて少ない歯なのです。

現代人は顎が小さくなっているので、親知らずの生えるスペースが少なく、ほとんどちゃんと生えることができません。将来さまざまな悪影響を及ぼす可能性が非常に大きいので、事前に抜いておくことが賢明です。

埋まったままの歯

埋まったままの歯 埋まったままの歯

埋ったままの親知らずの多くは、すき間から汚れが入り込み歯周病のように細菌がどんどん溜まり、ひどい痛みと腫れがおこります。

前の歯に当たっている

前の歯に当たっている 前の歯に当たっている

前の歯に当たって埋っていると。前の歯を押して歯の位置を変えてしまいます。

顎の骨にまで…

顎の骨にまで… 顎の骨にまで…

埋った位置によっては顎をぶつけた時などに、顎骨を骨折させてしまうこともあります。

親知らずの一部が出ている

親知らずの一部が出ている 親知らずの一部が出ている

一部だけ出ていると歯ブラシが当てにくく、食べかすも溜まりやすいのでむし歯になりやすく、親知らずと接している前の歯もむし歯になってしまいます。

ほとんどの人が一生のうちに一度は抜歯を経験します。

埋ったままの親知らずが発見されたら、抜くことをお勧めします。その時に自覚症状がなくても、いずれ何らかの弊害を生ずることが多いからです。
また一度でも炎症が起こった親知らずは炎症を繰り返すことが多く、次第に炎症がひどくなりますから抜いた方がいいでしょう。

ほとんどの人が一生のうちに一度は抜歯を経験します。

抜歯ってコワイ?

抜歯はコワイという印象がありますが、医療知識・技術が進歩している今日では、患者さんに十分な配慮がなされます。抜歯中は麻酔により、まったくの無痛です。麻酔は約2時間で醒めますが、処方される鎮痛薬を服用する事により、ほとんど痛みを感じなくてすみます。
抜歯の前に鎮痛剤を飲んでおくと効果的です。

通常の抜歯では、抜くべき歯の外側と内側の歯肉に局所麻酔を行います。局所麻酔の注射の前に表面麻酔の軟膏を塗ることで、注射自体の痛みを減らすこともできます。簡単な抜歯なら1本あたり約5〜10分で終了します。複数の歯を同時に抜いたり、親知らずで完全に埋伏している場合には30分から1時間近く要する場合もあります。

抜歯ってコワイ?

△ ページトップへ戻る

顎関節症

顎関節症はあごの周りに何らかの異常が生じる病気です。20歳代の若い女性に多い病気で、たとえ自覚症状がなくても顎関節症になっている人が非常に多いのが特徴です。

こんな症状があったら顎関節症の疑いがあります。

  • 口を大きく開けられない(開口障害)
  • あごが痛い(関節痛)
  • あごが疲れやすい
  • あごを動かすと音がする(関節雑音)

顎関節症の発症には生活習慣病が大きく関わっていると考えられます。
あなたの生活習慣についてチェックしてみて下さい。
該当する項目が多いほど、顎関節症を発症しやすいといえます。

  • 「歯ぎしりをしている」と言われたことがある。
  • 日中、気がつくと歯を食いしばっていることがある。
  • 食事のときは、いつも左右どちらか決まったほうで噛んでいる。
  • ストレスを感じることが多い。
  • 物事に対して神経質な面がある。
  • 夜、ぐっすり眠れない。
  • 寝るときはうつ伏せが多い。
  • 頬杖(ほおづえ)をつく癖がある。

顎関節の構造と動き

顎関節症という病気を知るためには、顎関節の構造を理解して、どこに障害が起きているのかを知ることが大切です。

顎関節は、頭の骨のくぼみ(下顎窩)に、下顎骨の丸く突き出ている下顎頭が入り込む構造をしています。

下顎頭と下顎窩の間にはクッションの役目をはたす「関節円板」という組織があり、下顎窩と下顎頭が直接こすりあわないようになっています。
この関節円板が正常に移動することで、口を大きく開けたり、閉じたりすることができるのです。

顎関節の構造と動き

顎関節症の4つのタイプ

1. 筋肉の障害

顎を動かす筋肉が何らかの原因で緊張して固くなったり、痛みがあるタイプです。例えば、肩こりのように顎の筋肉がこっている状態です。

2. 関節包・靭帯の障害

顎関節がねんざした状態です。
関節包、滑膜、靭帯に強い力が加わって損傷するもので、顎を動かすと痛みます。

3. 関節円板の障害

関節円板が本来の位置からずれているタイプです。口を開けると音がしたり、口が大きく開けられなくなるのは、関節円板の障害です。

4. 骨の変形

顎関節に強い力が恒常的に加えられると、骨が変形することがあります。口の開け閉めでゴリゴリ、ジャリジャリと音がすることがあり、周囲に炎症をともなうと顎を動かしたときに痛みを感じます。

顎関節症の4つのタイプ

顎関節症の原因の多くは生活習慣です。

顎にかかる過剰な力「歯ぎしり」「くいしばり」

日中や寝ているときに無意識に行っているのが「くいしばり」です。ことに、仕事に集中しているときなどに行っています。「歯ぎしり」は寝ている間にしているので、本人は気づいていないことがほとんどです。音のする歯ぎしりは20%程度で、80%は音のしない歯ぎしりです。自覚はなくても歯ぎしりによる歯のすりへりが見られるケースが多くあります。咀嚼筋の緊張を引き起こし、関節に過度の負担をかけます。

精神面からの負担「ストレス」

仕事や家庭、人間関係などでストレスを抱え、精神的な緊張を強いられると、無意識のうちにくいしばりをしたり、肩や首、顔の筋肉を過度に緊張させてしまいます。また、睡眠障害も引き起こし、睡眠中のくいしばり、歯ぎしりの原因にもなります。

癖による負担 「偏咀嚼」「うつ伏せ寝」「頬杖」

いつも片側の歯だけで噛む偏咀嚼。眠るときにうつ伏せに寝る習慣。無意識のうちに頬杖をつくなど、日常の習慣も筋肉や関節に負担を蓄積させることになります。

顎関節症を治すには

スプリント療法

スプリントやマウスピースと呼ばれる装置を寝るときに装着することにより、歯ぎしりによる弊害を防ぎます。

スプリント療法

薬物療法

関節に炎症が起こっている場合には、薬で炎症を鎮め、痛みをとります。

薬物療法

△ ページトップへ戻る